2 0 0 7 年

2007年

5月~10月

 米づくりを始める。面積22a

 地域の篤農家の支援を得て720kgの玄米がとれ、作業に参加した人達の自給自足の為に配分された。

台風で稲が倒れ稲刈りに総出で手作業となる。初年度収量振るわず。

6月 初の生活保護申請支援

共同生活する一名の者が70歳になったことを機に生活保護を北区役所福祉事務所に申請し受理された。

6月と9月

さいたま県県土整備事務所から委託を受け、芝川の土手両岸1000mの草刈作業を始めた。

以来毎年継続して委託を受けている。

中間就労の事業として安定した仕事となっている。

8月

埼玉県社会福祉政策からシラコバト長寿社会基金より、米づくりに100万円の支援を得た。

11月

埼玉県総合相談会

昼食づくりの協力依頼を受けた。以降毎年実施することとなる。

平成20年2月に市民活動団体の要請を受け居宅の提供を開始した。

 由来農業をしたい人という人達が市内福祉事務所からも紹介され、居宅提供も3名から15名に増加した。